そうやってイヤなコトから逃げているのです

    Android OSや、興味のある分野についてのお話を、無駄に長文化して書き連ねています。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    HTC Desire(X06HT)用アクセサリーレビュー

    せっかく手に入れたモバイルが、手から滑り落ちガシャーン。

    一瞬の気の緩みが、大切な端末をキズ物にします。

    想像しただけで小ゲロが出ますよね。

    今日は、そうした誰もが抱く落下の不安を拭い去ってくれる、頼もしいグッズ達をご紹介します。


    関係ないですが、消防の頃って、クツのコトをズックって言うじゃないですか。

    で、学校で履く中履きのコトを中ズックって言いましたよね?

    その「中ズック」がうまく言えなくて、5割ぐらいの確率で「中グッズ」って呼んでました。6年間。

    あと、5年生までは「岩が粉々に砕ける」の「粉々」を「ごなごな」と発音していました。

    ってメールしたらANNで中澤裕子さんが読んでくれました。

    手拭いをもらいました。

    さて、本題です。

    今日ご紹介しますのは、HTC Desire(X06HT)用のケース類です。

    シリコンケース2種、ラバーコーティングシェルジャケット1種、キャリングケース1種というラインナップ。

    まずはパシャパシャを見て頂きましょうかね。

    ゴミが付いてるのは仕様です。

    頭が痛くなるくらいフーフーしたけどコレが限界でした。サーセン。


    IMGP0610.jpg
    IMGP0617.jpg


    左から、Elecom製シリコンレイアウト製シリコンレイアウト製ラバーシェルです。

    左2つ(シリコンケース)の見た目はそんなに変わりませんね。

    手触りは、レイアウト製(赤)のが若干ツルツルしてます。

    Elecom製(黒)はゴムっぽく、滑り止めのような質感です。

    ですが、ほぼ同じ製品と言って良いでしょう。

    レイアウト製シリコンは黒、白、赤の3色。Elecom製シリコンは黒、白の2色が発売されています(Amazon)。


    IMGP0616.jpg
    IMGP0615.jpg


    上部と下部です。

    Elecom製(黒)の方がレイアウト製(赤)より穴が大きいですね。

    お好みで。


    IMGP0614.jpg


    シリコンケースでは、ボリュームキーと電源キー部分が切り抜かれていません。

    カバーの上から押すように作られていますが、特に押し難いというコトはないです。


    Untitled.jpg


    装着すると、こんな感じ。

    右に行くに従って大きくなっているように見えるのは錯視です。

    個人的に、赤は安っぽく見える気がしますね。


    IMGP0622.jpg
    IMGP0624.jpg
    IMGP0628.jpg


    アップです。

    ココまでの写真を見てみると、「ビジュアル的にはラバーシェルが一番良いんじゃね?」と思われるかも知れません。

    私もシリコンよりカコイイかなと思います。

    ですが、ラバーシェルも完璧ではありません。


    Untitled1.jpg
    ※左がシリコン、右がラバーシェル



    お 分 か り 頂 け た だ ろ う か


    (・・・ざわ・・・ざわ)


    もう一度スローでご覧頂こう・・・。

    ハードキー周りにご注目・・・。


    Untitled1.jpg


    シリコンケースがDesireの全てを包み込んでいるのに対し、ラバーシェルは少し出ちゃってます。

    万が一、その「少し出ちゃってる」ハードキー周りから地面に接触しちゃったら・・・そんな心配性な人には重要なポイントかも知れませんね(私は心配性です)。


    Untitled2.jpg


    斜め見下ろし。


    IMGP0636.jpg


    まぁ、裸が一番カッコイイんですけどね^^b

    ※写真ボケちゃって見にくくてスイマセン><
      F値の変更方法を調べておきます><


    さて、次にもう一つ重要なポイントに触れてみます。

    それは、「ストラップを付けるコトが出来るか否か」です。

    海外ではモバイルにストラップを付ける文化が無いのか、Desireには紐を通す穴がありません。

    ヒトバシラーな方々はバッテリカバーに穴を開けて通すなど素晴らしい工夫をされていますが、生憎そんな勇気は持ち合わせておりません。

    ですがシリコンケースがあれば大丈夫です!


    IMGP0637.jpg


    ホラ。


    IMGP0639.jpg


    ね?


    黒いケースに黒い紐を通したら、そりゃ見えませんよ。馬鹿なの?

    でも、ちゃんと穴が開いててストラップ付けれます(;^ω^)b グッ



    続きまして、キャリングケースのご紹介。

    現時点で手元にあるのは「完全無欠のHTC Desire(SoftBank X06HT)用ポケット付きキャリングケース/コーデュラナイロン製(ブラック)」という酷い名前のキャリングケースです。


    IMGP0643.jpg
    IMGP0644.jpg


    コチラです。

    実はコレを注文したコトをすっかり忘れて、別のキャリングケースもポチッちゃったんですよね・・・(未着です)。

    でも本当に注文した記憶が無いんです・・・。

    毎朝起きると足が土で汚れているのと関係があるのでしょうか・・・。


    ま、そんな話はお医者さんと煮詰めるとして、色々入れてみましょう。


    IMGP0645.jpg


    シリコンケースを装着したDesire。

    ラクラク入ります。


    IMGP0646.jpg


    続いて折り畳み式の携帯。

    コチラもスッポリ。


    IMGP0647.jpg


    今度はHT-03Aを乗せてみましょう。

    崩れません。

    なかなか安定感がありますね。


    IMGP0648.jpg


    最後にHTシリーズ最古参のHT-01Aが乗って完成です(パチパチパチ)。


    IMGP0649.jpg


    先輩方を下ろして、Desireとガラケのみを収納し、閉じました。


    IMGP0650.jpg


    厚さも気になる程ではないかと思います。



    ・・・以上となりますが、いかがでしたか?

    ネット通販だと、商品イメージと紹介文だけで商品を比較するコトになります。

    ですが、実物を見ずして良い物を見つけるのは難しいかと思います。

    実物を手に取ってもらうコトは出来ませんが、馬鹿が片っ端から買っちゃった製品を同じ土俵で比べるコトで、少しでも購入の判断材料になれれば幸いです。



    【 オ マ ケ 】


    HT-03Aのシリコンケース、プラスチックケースです。


    IMGP0640.jpg


    シリコンケース黄ばみ過ぎワロタ。

    おのれ紫外線・・・!


    IMGP0641.jpg


    抜群のフィット感(シリコン)。


    IMGP0642.jpg


    見た目はプラスチックの方が良さそうですね。

    ですが、プラスチックケースはシリコンより一回り大きく、持ち難い気がします。

    あと地面に落ちたとき、プラスチックだとワンバウンド目でケースがハズれ、ツーバウンド目で本体が地面を直撃するのではないかと思いませんか?w

    考え過ぎですかね。

    ちなみに胸ポケットにシリコンケースを装着したHT-03Aを入れた状態で、ワケあってピョンピョン跳ねてたら、一緒にHT-03Aがピョーンって飛び出て床に転がりました。

    かなり焦りましたけど無傷でした。

    その時から私はシリコンケースを崇拝するようになったのです。

    そして、今では私がシリコン素材。

    寝ても潰れるコトのない洋ピン女優の(ry
    スポンサーサイト
    [ 2010/06/04 04:34 ] スマホ | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    kohntobi

    Author:kohntobi
    Age:25
    Sex:male
    Birthday:1984/12/05
    Favorite:internet,android
    Job:IT enterprise

    ツイッター
    マイロケーション
    ゼブラーマン


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。