そうやってイヤなコトから逃げているのです

    Android OSや、興味のある分野についてのお話を、無駄に長文化して書き連ねています。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    話題のホラー映画とHTC Desire先生爆誕

    来たる3月6日(土)、NEOでラウンジDJします!

    低クオリティな上に素材のモロ使いも良い所なので貼るべきか否か迷いましたが、一応フライヤー(笑)です。


    J-POP LOUNGE


    アネモネはアティ君(DJ ブラジル押し)の趣味です。

    あと今回から参加するDJ使徒は、FlyHighのDJ Rapture君です。

    PCに入っているひぷほぷ以外の曲はほぼアニソンかヲタソンというコトなので、どんな選曲をしてくれるのか今から楽しみです。

    今回はJ-POP LOUNGEという名前通り全DJが洋楽を縛るそうなので、邦楽好きな方は是非!

    さて話は変わりますが、昨晩は久しぶりに映画を観て来ました。

    そこそこ有名なのでご存知の方も多いかと思いますが、「パラノーマル・アクティビティ」という映画です。


    パラノーマル・アクティビティ


    以下に感想など述べますが、ネタバレではないものの読む人によっては気分を害する内容になる可能性があrクソ映画でした(間に合わなかった><)

    久々に観ました、これほど酷い底辺映画。

    概要を説明しますと、幼い頃からの怪奇現象に悩む女性とその彼氏が、原因を探るべく室内にビデオカメラを設置してみると、とんでもないモノが映っていた・・・」という内容のホラー映画です。

    良く耳にする本作の宣伝文句は「単館上映だった無名作品が、噂が噂を呼び全米第1位に」とか「制作費100万円で興行収入96億円」とか「ハリウッドがリメイクを検討したが、本作以上に完成度を高めるコトは難しいと判断し断念した」とか様々ありますね。

    では、その全米第1位(笑)の大作をなぜ私がクソ映画と呼ぶのか。

    理由は2つです。


    ①固定カメラでないので酔う。

    はい、全編ホームビデオで撮影されているという設定なので、手ブレなんてレベルではありません。

    私のように三半規管が粗末な人間にとっては拷問以外の何物でもありませんでした。

    開始20分でスクリーンを見続けるコトが出来なくなり、声が聞こえたら字幕だけ読むっていう鑑賞スタイルでラストまで通しました。

    上映終了後も30分間吐き気と奮闘していた程です。

    クローバーフィールドで瀕死になった自分としては、主観映像作品だと知っていたら絶対観に行っていませんでした。


    ②全然怖くない

    はい、笑ってしまうほど怖くありません。

    ホラー映画としてココまで怖くないコトが逆に恐怖です。

    トレイラーでは悲鳴を上げている女性客達の姿が映されていましたが、誇大広告乙です。


    そんな感じ。

    あー、書いてたら思い出して腹立って来た。


    この映画で唯一評価できる所はマーケティングの上手さですかね。

    時間・金額ともに製作コストを最小限に抑えて、広告で勝負しています。


    最低でしょ?^^


    小学生の頃、友達が「スゲー物手に入れたから、オレん家に来たら見せてやっよ!」とか言ってて、友達数人で行ってみたら、なんかただの変わった形の石でした、みたいな。

    渡辺文樹監督にも通じる何かを感じました。


    以下、フォロー入ります。

    私がココまで腹を立てているのは勝手に期待して観に行ったからであって、人によっては面白いと思うかも知れません。

    レビューの平均点は70点で、一緒に行った友達も70点と採点していましたし。

    それに洋ゲーとかFPSとかが全然平気な人は酔わずに観られるでしょう。

    あと怖くないと感じたのは、私がオカ板住民であり、ホラー映画や怖い話への耐性が高いためかも知れません。

    怖い話が苦手な女性と一緒に行けば、立派な前戯映画になるコト間違いなしです^^

    是非ご覧あれ!


    ・・・実は他にも、ご存知「アバター」とか、「ダークナイト」でジョーカーを演じた故ヒース・レジャーの遺作にして、監督がテリー・ギリアムという話題作「Dr.パルナサスの鏡」とか、デヴィット・リンチの娘が監督した「ネーギン ザ・スネーク・ウーマン」とか、「涼宮ハルヒの消失」とか、色々観たい映画があって・・・。

    時間の関係で上記を全部蹴った上でのクソ映画だったワケなんですよ。

    相変わらず、クソゲーとクソ映画と2通を引く才能は健在のようです^^


    話は変わって。

    出ますね、HTC Desire


    HTC Desire


    現行機で最高スペックのN1にRAMを64MBプラスし、Flashにも正式対応するというキングっぷり。


    (;´Д`)ホ・・・ホスィ・・・


    Xperiaを追うのは程々にして、是非Desireをゲトして下さいよdocomoさん!

    N1かDesireどちらかを出せないと、スマホ全体のシェアだけではなく、androidのシェアでもソフトバンクに負けてしまいますよ!

    ソフトバンクからは何が出ても絶対買わないけど、今度auから出るandroidが万が一N1かDesireで、docomoがXperiaワショーイなままだったらauに戻りたいと思います。

    回線品質のコトを考えると、出来ればdocomoを使い続けたいんですけどねぇ・・・。


    それにしても、android業界は毎日目まぐるしく動きますね。

    ある会社が端末を1個発表するだけで、人々がキャリア変更を検討する時代です。

    端末のスペックが重要視されるandroid市場では、キャリア毎のプランの安さとか、サポートの充実ぶりとか、そんなモノはほぼ度外視されます。

    それよりも「ニーズの高い商品の販売権をどれだけ獲得出来るのか」というバイヤーとしての能力がキャリアのステータスになっているのではないかと思います。

    N1マダー?Desireマダー?(・∀・)っ/凵⌒☆というユーザーの物欲に即時的に対応出来るキャリアが統治していく業界なのではないかと。

    まぁdocomoの出方を見ていると、ガジェットヲタの確固たるシェアが欲しいと言うよりは、一般層にスイーツロイド(失礼)を広めたいようなので、我々がタゲ層に入っていない可能性もありますがね^^;


    あー、他にも書きたいコトが3つ4つあったんですが、駄作の説明に時間と文字数を取られてしまいましたので、今日はこの辺で。

    続きはまた今度書きます。

    チャイ!
    スポンサーサイト
    [ 2010/02/20 06:45 ] スマホ | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    kohntobi

    Author:kohntobi
    Age:25
    Sex:male
    Birthday:1984/12/05
    Favorite:internet,android
    Job:IT enterprise

    ツイッター
    マイロケーション
    ゼブラーマン


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。