そうやってイヤなコトから逃げているのです

    Android OSや、興味のある分野についてのお話を、無駄に長文化して書き連ねています。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    麻婆って漢字、どうやって変換するの?

    東北では1月下旬に新発売となった、セブンイレブンのどんぶり弁当シリーズ

    電子レンジ(食べ物を温める機械)でチンする(「レンジで温める」の俗語、温め終わるとチン!と音がするコトから)だけで、美味しいホカホカ(温まり湯気が出ている様)ご飯(日本の主食)が食せます。

    各400円前後とお手頃な価格のこのシリーズ。

    海鮮中華丼・五目中華丼・四川風麻婆丼・つゆだく牛丼・欧風チキンカレーの5種類の味が楽しめます。


    と、コレだけではセブンイレブンの広報部乙なのですが、最近その中の麻婆丼ばかり食べています。

    1日1食は食べていると思います。


    麻婆丼


    ですが「ハマっている」というワケではなく、「無難」とか「安牌」といった表現が適切です。

    どんな体調でも、どんな空腹具合でも美味しく食べられて、且つ飽きない。

    声高らかに「コレ滅茶苦茶ウマイんだよー」とオススメ出来る程ではないけれども、「困ったらコレ」という安定感があります。


    是非一度食して頂きたい・・・!


    理想の反応は「なるほど無難だ・・・」というリアクションです。

    もし「麻婆丼食べたよー☆ チョーおいしかった(o^-')b グッ!」みたいな感想を言われたら、「舌腐ってんじゃねーの」と思ってしまいます。

    毎日セブンイレブンで夜食を買う人間からしてみると、美味い弁当より飽きない弁当の方が高価値です。

    何の弁当を買おうか迷った際には是非お試しください。

    ちなみに、カップラではなくチンする方の山頭火ラーメンは地雷です。

    気を付けて・・・!(ClubPrince的な意味で)

    話は変わって。

    昨日届きました。


    鏡音リン。


    リン


    なんか目がチカチカしますね(@Д@)

    「あれ、なんでマイク持たせないの?」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、持たせようとしていた矢先、ちょっと力を入れたらマイクの集音部分がモキリといきました・・・。


    思い起こせば、10KするPG初号機のプラモを作っていた工房の12月。

    毎晩コツコツと塗ってきた塗装も乾き、後は組み合わせるだけとなった夜のコト。

    はい、この日も聞いてしまいました、モキリ音

    場所は胸部の拘束具パーツです。


    「もう、暴走中ってコトに脳内補完しないと成立しないじゃないか・・・」

    顔面蒼白になりました。

    当時は今より酷いゲーム脳だったので、リセットボタンが脳裏をよぎったのを覚えています。


    みなさん!冬場のフィギュア製作は慎重にNE!


    はい、一般的なブログならこの辺りで終わるのでしょうが、続けます。

    なんと、昨日に引き続き本日もお目にかかれました!


    あかり - 02 あかり - 03 あかり - 04


    あかりタソ(;´Д`)ハァハァ


    今度は冷静にキャプれたもんねー(1枚だけ観れなかったけど・・・)。

    ネタバレになるので時刻は黒塗りです、悪しからず。


    他にも美人時計には「交渉人 The Movie」より米倉涼子さんが紛れ込んだりもしていますが、発見したからと言って特にプレゼントなどは用意されていない模様。

    つーか、どうせ交渉人出すならエディ・マーフィ出せと。

    交渉担当なのに銃撃メインな辺りは流石と思う。


    最後に。

    昨日起こった変な出来事についてです。

    朝方、私が現在と同じように駄文を書き連ねていると、突然玄関のドアがバタンと開き、曇りガラスの扉を隔てた向こう側が太陽光で照らされました。


    「ちょ、誰よ・・・」


    友達?恋人?・・・は都市伝説なので存在するワケない。

    両親?・・・来るなら連絡するはず。

    考えている内に数秒間開いたドアはバタリと閉まり、再び室内の明かりは蛍光灯の青白い光のみとなりました。


    「入った・・・か・・・?」


    微妙です。

    家の中に入ったと言えば入っていそうですし、入っていない気もします。

    「なんでカギかけなかったんだろう・・・」そんな後悔と同時に、やはり玄関がどうなっているのかが気になって仕方がありません。

    ・・・行ってむるか。

    ガラガラガラガラ。


    扉を開けると、いつもの台所。

    「誰か入って来てると思った?wwwww」と嘲笑せんばかりに、室内はシーンと静まり返っています。

    誰か隠れているとすれば、右手の風呂場かトイレです。

    まずは、風呂場。


    ・・・・・いない。


    次にトイレ。


    ・・・・・クサい。(ホントはクサくないよ!ホントだよ!)


    「まぁ、消防のピンポンダッシュも現代では進化していて、開けてからダッシュするのが粋なんだろうな。」

    無理矢理自分を納得させつつ、また驚かされるのもイヤなので、鍵を閉めようとしました。


    ・・・・・え・・・なんで・・・・・?


    鍵はかかっていました。

    オレ硬直。


    考えられる状況はこうです。

    ①最初から鍵はかかっていて、変なクスリのせいで幻覚を観た。
    ② 誰 か が 入 っ て 、 内 側 か ら 鍵 を か け た 。


    てんてんてててんてててんてててん♪
    てんてんてててんてててんてててん♪
    (世にも奇妙な物語のテーマ)


    とかなれば面白かったんですが、すみません、鍵はちゃんと開いてました。

    オカ板じわ怖スレの見過ぎですね。

    戸締りには気を付けましょう。

    チャイ!
    スポンサーサイト
    [ 2010/02/06 07:23 ] 雑言 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    kohntobi

    Author:kohntobi
    Age:25
    Sex:male
    Birthday:1984/12/05
    Favorite:internet,android
    Job:IT enterprise

    ツイッター
    マイロケーション
    ゼブラーマン


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。