そうやってイヤなコトから逃げているのです

    Android OSや、興味のある分野についてのお話を、無駄に長文化して書き連ねています。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    アカウント管理は難しいでござる

    無料のWebサービスはとりあえず試す。


    を合言葉に、手当たり次第色々なサイトに登録しまくってきた近年。

    気付けばSNSなどの登録サービス数がすごいコトに。

    ※SNSってアレね、「それなんて『さくらシュトラッセ』?」ってヤツね。


    んでもって、各サイトのIDとPWの管理が著しく難しくなってきた。

    以下、1月24日現在のアカウント作成済サービス一覧。


    【ポータルサイト系】
    ・Google
    ・Yahoo
    ・Livedoorしたらば掲示板

    【SNS系】
    ・mixi
    ・Skype
    ・Twitter
    ・MySpace
    ・Facebook
    ・Ustream
    ・Qik
    ・Fring

    【ゲーム系】
    ・Xbox Live(Windows Live)
    ・Sammy777town.net
    ・PandoraSaga

    【その他アプリ系】
    ・YouTube
    ・ニコニコ動画
    ・ウイルスバスター
    ・Amazon
    ・pixiv
    ・Ninja Tools
    ・Evernote
    ・AndroLib
    ・Androids Around2
    ・FlyScreen


    もう管理とかいうレベルじゃない(´・ω・`)


    他にも登録したコトを忘れてしまっているサイトとか、無くなっちゃったサービス、プロバイダのID/PWやメールのそれを含めると、計倍以上になるんじゃないかと思う。

    覚えられるワケないだろと。


    何気なくログアウトして、再度ログインしようとすると出来ない。

    何度入力しても蹴られる。

    あの瞬間の焦りと、新しくアカウントを取り直す敗北感と言ったら無い。


    ID/PWを総合管理してくれるアプリもあるけれども、忘れてからも登録出来るなんて都合の良いカオスなサービスなどは当然無い。

    共通のアカウントを一つ持てればラクじゃねw

    とか思っても、いざ実現してしまうとエドにアカウントをハックされた瞬間にOZの健二君状態になるワケで。





    となると指紋認証が一番良いか。

    両手を盗まれなければアカウントも安全。

    もし盗まれてもトリッシュがビギーから奪還してくれる。

    吉良はハックし放題。

    センジュ君なら複数アカウントを持てる。

    Jガイルは別アカウントとして認識されるんだろうか・・・。


    で、包丁で切っちゃったとかで一時的に認証不可能になった時だけ、各サイト固有の文字IDを使えば良いんでないの?

    どうでしょう?

    我ながら良いアイデアではないかと思う。

    まぁ、良い悪いじゃなくて回避不可能なリスクや技術的な問題が出て来るでしょうがね。

    あと詳しいコトはサッパリだけど、IPv6メインになったら、もっと凄いコトが可能になるんじゃないかとwktkしています。


    ・・・何か、つまらん話になってしまい申し訳。

    泥酔後の寝起きだから勘弁しれ。


    最後にAndroidアプリを数個紹介して終わります。


    ?GAMEON

    Xbox Liveでのフレンド達の状態を把握出来るサービスです。





    Batmanのアイコン格好イイですね^^

    画像は自身のモノですが、他のプレイヤーの情報も同様に表示されます(と言うかアカウント認証がないので、自分と他の区別が無い。総じて客観的に見る仕様。なので当然パスコード入力や設定変更は出来ない)。

    実績やプレイしたゲーム一覧などが閲覧できる他、ゲームアイコンをタップするとAmazonに飛んで衝動買いが出来たりします。

    何より楽しいのが、通知をオンにしていれば、誰かが箱○を起動した瞬間にAndroidに通知され、誰が今何のゲームを始めたか把握出来る機能です。

    仕事で忙しい時に通知されるとピキピキ来ますけどね(♯^ω^)

    あ、やっぱり楽しくないですわw

    Co-opのお願いをしたい時なんかには便利なんですかね。

    あとGUIがキレイで、見てるだけで楽しいです(どっちよ)。


    ?AsciiCamera

    某アプリ紹介サイト様で知り、使ってみたところ失禁しました。

    実際にやってみましょう。

    まず、何でも良いので適当にSATUEIします。


     パシャ


    そうすると・・・。


     !!


    AA化されるんですねー^^


    一般的なAAより非常に細かくて、慣れ親しんだAA職人達の作品とは一味違った仕上がりになりますが、画期的だと思います。

    ちなみに、既存のAAをAA化しようと試みましたが、ディスプレイのメイドが低いせいか不発に終わりました。


    ?Flyscreen

    ロック画面にウィジェットを置けるツールです。

    コレもアプリサイト様より情報を頂きました。





    自分の場合はGoogleReaderとTwitterを配置しています。

    他にも用意されたウィジェットが沢山ありますが、置けば置くほど消費電力が多くなるので上記2つ。

    このアプリを使えばロックを解除せずともTweetやRSSが読めます。

    有ると無いでは全然違う良アプリです(たまに落ちますが)。



    こんな所ですかね。

    そういや上の方で「無くなっちゃったサービス」って書いた時に思い出したんだけど、マーマーチャットとかっていうチャットサイトを思い出した。

    当然、今はもう無い。

    使ってたのがWin95だったから、15歳くらいのときかな。

    でも、今思い出してみても斬新なサービスだった。

    あったら絶対やってるし。


    チャット部屋の中でカーソルを動かして自分が発言したい場所を決める(一部屋が広大。ディスプレイ6画面分くらいはあったと思われ)。

    ソコに文字を打ち込むと自分のアイコンから吹き出しが現れる。

    要はチャット部屋の中の好きな位置に書き込めるってコト。

    個人の部屋も持てるんだけど、基本的には初心者チャットがメインの拘留スペースになってて、檻の中の人に気を使いながらチャットするのがスリリングだった間違った。

    基本的には初心者チャットがメインの交流スペースになってて、部屋の中で色んなグループが同時多発的にチャットをしていた。

    人の発言に返事をしたい時は、その人の発言の近くでクリックして文字を打ち込むんだけど、日本語の特性上、どのグループも徐々に画面の右下に下がって行ってたw

    で、もう限界!ってなったら誰かが「左上行くぞ!」って言って戻ったりしてたなw

    違うグループの人の発言にかぶって、チャットが読めなくなったりして「ごめ」とか言ってたw

    やべぇwww思い出し始めると懐かしすぐるwww

    あの時のチャット仲間、今も元気でやっているだろうか・・・。

    当時オレより年上だったから、きっと今もオレより年上なんだろうな・・・。

    今に至るまで、オレはマーマーより画期的なチャットを知らない。

    誰かあれ作ってくれ有料制で構わないから・・・頼む・・・。


    ・・・じゃ、会社いてくる^^;
    スポンサーサイト
    [ 2010/01/24 09:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)
    はじめまして。
    マーマーで検索してたどり着きました(笑)
    懐かしいですね。
    高校一年の時にどっぷり浸かって、毎晩、(表示範囲を変えなくていい)初心者ルームに居ました。
    あの画期的なチャットがまた復活して欲しいです(´`)
    [ 2010/10/05 18:58 ] [ 編集 ]
    マーマーで辿って来てくださるとはレアですねw
    自分も15歳くらいでした。
    もっぱら初心者ルームだったので同席していたかも知れませんねw
    [ 2010/10/11 03:36 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    kohntobi

    Author:kohntobi
    Age:25
    Sex:male
    Birthday:1984/12/05
    Favorite:internet,android
    Job:IT enterprise

    ツイッター
    マイロケーション
    ゼブラーマン


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。