そうやってイヤなコトから逃げているのです

    Android OSや、興味のある分野についてのお話を、無駄に長文化して書き連ねています。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    デジタル様がやってくる?

    昨日は、現在私が講義を行っている研修生達の試験の日だった。
    試験は全員揃ってではなく、1人ずつ時間をずらして行う。

    午前10時、1人目の研修生が私の待つ研修室へ訪れた。
    さて早速試験を始めようかと思うと、部屋の異常な寒さに気付く。

    私「あれ、出社してすぐエアコン入れたのに全然温まってないな・・・。」

    外気と変わらない程の寒さだったため、チームマイナス6%を一時的に脱退。
    エアコンの設定温度を26度へと上げる。
    試験開始時間を過ぎてしまいそうだったので、寒いけど試験を開始した。

    試験は40分ほどを要し、点数をつけてみると嬉しいことに満点に近かった。

    私「おめでとうございます。一生懸命勉強しましたね。」
    研修生「はい、ありがとうございます。」
    私「明日からは合格者研修に進みますから、また気を引き締めて頑張っていきましょう。」
    研修生「はい、頑張ります!」
    私「それはそうと、この部屋寒いですね・・・温度は高めに設定してるんですけど、外と大して変わらないくらいで・・・。」
    研修生「いやいやwどちらかと言えば暑いくらいですけどw」


    私「え?」


    試験と試験の合間を縫って病院に行ってみたところ、風邪かインフルだそうです。
    大事を取って今日は休んでいます。

    さて、前回に引き続き、今日もデジタルについてのハイカラなお話をしようかと思います。
    安静にするように言われ暇なので、前回以上に長くなるかも知れません。
    予めご容赦ください。


    さぁ、今回はモバイルについてのお話です。
    モバイルと言っても、ワンダースワンやゲームギアに代表される携帯ゲーム機ではなく、携帯電話の方です。

    私は常に2つのケータイを持ち歩いています。
    本命の彼女用と、遊びの女用です。

    と本当のコトを言ってしまうと私の好感度が下がりますので、仕事用とプライベート用とでも言っておきましょうかね。

    でも本当のコトを言うと使い分ける程は電話かかって来ませんので、正確には携帯電話として使う用と、オモチャとして遊ぶ用ですね。
    ガラケーとスマホを2台持ちしているんです。

    電話とメールはauのガラケーで。
    その他ガラケーで出来ないコトはWindowsMobile(以下WM)のスマホで。

    という感じで使い分けているんですね。
    ガラケーで出来ないコトというのは、例えばOffice系ソフト、エクセルやワードのファイルの閲覧・編集とか。PC用ソフトの使用とか。スカイプとか。

    うん、私の場合スカイプが出来るコトがスマホ購入のメインの理由でしたかね。
    「お外を歩きながら国際電話が無料でかけられる」そう考えると非常に魅力的ではないですか?究極のVoIPだと思いますよ。実際主な用途はそれですしね。


    ところが、このWMが今一パッとしない。
    それがガラケーを解約し、スマホ1本持ちに踏み切れない理由であり、私がスマホをオモチャと呼ぶ理由なんですがね。

    どこがパッとしないのかと言いますと、まず一点目が「動作のモッサリ感」。
    基本的にスマホは液晶を指やチンチンでタッチして操作するコトが出来るのですが、私の使っているWMはその反応が悪過ぎる。
    一度指でスライドしても反応しないので、「あれ、ちゃんとスライド出来ていなかったかな?」と思ってもう一度スライドすると、少し遅れて2度スライドしやがったり。
    ひどい時にはCPU使用率が400%を超えて何も操作を受け付けなくなったり。
    とにかく快適な操作とは程遠いんです。

    日本のケータイの真骨頂は「サッと出してサッとしまえる」という所にあると私は思うんですね。
    あ、しまっちゃダメですね。出して即しまうだけならチンコでも出来ますね。

    あのー「サッと出してサッと操作出来る」という所が大事だと思うんです。それが数分の空き時間に皆がケータイを開く理由だと思うんですよね。
    どんなに便利な機能が付いていても、操作を1回で認識してくれなかったり、起動に2分も3分もかかるとなれば、数分間の暇潰しに適しているとは言えません。

    利用に時間がかかるのであれば、どこかに腰を落ち着けてやりたいですし、そうなると腰を落ち着けられる場所にはデスクトップ端末があるワケで。
    モバイル端末の存在価値の根底にある「即時性」がWMには欠けているんですね。
    だからガラケー・PCのどちらにも負けず、どちらにも勝てない、中途半端な位置に置かれているのだと思います。


    さて、WMがパッとしない理由2点目。
    それは「内部電源の最大HPの低さ」です。
    要は全くと言って良い程バッテリーが持たないんですよ。3G接続をしながらWebブラウジングなんかしてると、99、98、97・・・と秒読みのようなスピードで残り電源が減っていきます。
    流石に1秒に1%減るワケではないですが、1時間の昼休憩で3~4割減って当たり前なレベルです。
    半日持たないじゃないですかって。
    開発苦労を度外視した消費者目線で言わせて頂くと「商品化して良いレベルではない」かと。

    この2つかな。WMのダメな点を挙げるとするならば。

    PCと同じような機能が外出先で使える一方、動作が重く長時間使えない。

    一文で書けたね、長くなってごめんなさい。
    まぁでもそのような理由で、一度も電源を入れない日も多くなって来ました。



    4日前まではねっ!




    はい、前回の記事にも書いたように買い換えましたよ、ケータイ。
    しかもガラケー、スマホ両方とも。

    スマホは上記のような理由から存在理由が少なくなって来ていましたし、ガラケーも「もんだい」って打って漢字変換すると「会社」って変換されたりして面白い壊れ方をしていましたので、そろそろ寿命かな、と。

    最初に行ったのはdocomoショップでした。

    お目当てはgoogle携帯「HT-03A」です。





    もうWMの感覚は大体わかりましたので、今度は他OSを使おうと。
    i phoneはどうかって?馬鹿じゃねぇの?
    いや、i phone自体が嫌いなワケではないんですけれどもね。

    さて、久々の携帯ショップでやや緊張気味の私は、入店後即スマホコーナーへ。
    「T-01A」なんていうWMケータイもオヌヌメ機種としてディスプレイされていますがそれは叩き割り、google携帯を手に取りました。
    すかさず店員さんが声を掛けてくれます。

    「何かお探しですか?ご質問等あればお声を掛けてくださいね^^」

    言ったな?

    今あなたは「質問を受け付ける」と言ったな?

    「質問を受け付ける」というコトは「どんな質問が来ても良いよう、既に覚悟が出来ている」というコトだ。

    遠慮はせん、行くぞマンモーニッ!


    と気になるコトを全部質問したかったのですが、それは酷だなと思いました。
    これまで訪れたどのdocomoショップでもスマホを詳細まで知り尽くしているスタッフさんはいませんでしたし、それでしょうがないのだと思います。それは、スマホがまだまだ発展途上の未開拓市場で、需要が少ないから売る側も商品を学ぶ必要性が低く、機会が少なく、またEU側からの情報も少ない状況だからです。
    スマホとはそういうもの。質問責めにしてスタッフさんを困らせるなんてナンセンスなのです。物好きはWebで調べろと。

    でもそれがわかっているのに「このぐらい良いかな」と質問しちゃうから、結果イヤな気分になる。

    私「あのー、正確な情報ではなく、体感や使ってる人の声とかで良いんですけど、WMとandroidはどちらが軽快に動作しますかね?今どっちもいじってみているんですけど・・・。」

    スタッフ「どうでしたか?」

    私「(いやwwwオレが聞いてるんじゃんwww)いやー、ちょっと触った分には大差ないかなーと・・・。」

    スタッフ「そうですね、そんなに差はないと思います。」

    私「・・・。」

    自分がCS重視の商売をしているから厳しく考えてしまうのかも知れないけど、この応対有り得ないですよね。
    でも、自分が悪かったんだと思い直し、とりあえず機種変した際の見積もりを出してもらうコトにしました。

    私「じゃあ見積もりだけ出してもらうコトは出来ますか?」

    スタッフ「ちょりーんす☆」

    有り得なくね?「ちょりーんす☆」はどう噛んでても元は接客用語じゃなかっただろと。すみません、ご想像の通りちゃんと「かしこまりました」でした。

    んで、席に案内されて、説明受けたりしている間にまた質問が何個か思いついちゃったワケ。よせば良いのに言うね、オレ。ホント今思い返すと馬鹿だわ。

    私「あのー、すいません。このHT-03AってQwertyキー入力出来ますか?」

    スタッフ「クワ?」

    私「あのー、PCのキーボード配列で打てる奴です。さっきいじってみた時は出せなかったんですけど。」

    スタッフ「あ、確認しますので少々お待ち頂けますか?」

    ~スタッフ、パンフで調べたりどこかに電話で確認するワケでもなく、実機に実際に触れるコーナーへと向かう~

    私「(ん?ちょ待てwww自分でいじって確認するのか?www)」

    ~2分後~

    私「(あれ、パンフのココにQwertyキー入力対応って書いてる・・・悪いコトしたな・・・でも折角調べてくれてるし・・・。)」

    ~7分後~

    スタッフ「お待たせしました。出来ませんでした。」

    私「(ちょwwwwwwwwww)ああ、そうですか。わざわざ有難うございました。はは・・・。」

    スタッフ「^^」

    私「それとあのー、すみません。もしわかればで良いんですけれども、パンフのココにdocomoハイスピードエリアとHSDPAエリアって書いてあるじゃないですか。コレって同じ意味だと思っていたんですけど、docomoさんとしては違う意味で使っているんですかね?」

    スタッフ「(HSDPAって言ったのをHSDとメモして)お調べ致します(と言って席を立とうとする)。」

    私「あ、すみません。ちょっと気になっただけなので、大丈夫です。すみません。」

    スタッフ「すみません・・・。」

    ほらー、なんかオレ完全にイヤな客ジャマイカ。
    こういう時って結局双方が損するんだよな。
    まぁ、何度も言いますけどオレが悪いんですが。

    で、何だかんだあって買って来ましたgoogle携帯。
    機種変にかかった料金は、なんとたったの¥13,000!

    docomoは1年しか使ってないのでポイントが貯まっていたワケではありません。キャンペーンや各種割引が適用されてこの値段です。もちろん機種代を分割払いするワケではなく一括で、です。ちなみにHT-03Aの通常価格は6万超えです。おそろしっこdocomo。値段言われたとき「えぇっ!」って言ってしまったもの。


    というワケで長くなってしまったので今回はココまで。
    次回はこのandroid携帯について書きます。マジでやヴぁいので。

    最後に補足ですが、上で述べたWMについての文章はあくまで私が使っていたWM6.1についてであって、現行の6.5やリリース予定の7について書いたものではありません。もちろんi phoneとは何の関係もない内容です。


    docomoショップで携帯の機種変をしました。



    ね、23文字で伝わる内容なのにね。
    スポンサーサイト
    [ 2009/12/22 14:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    kohntobi

    Author:kohntobi
    Age:25
    Sex:male
    Birthday:1984/12/05
    Favorite:internet,android
    Job:IT enterprise

    ツイッター
    マイロケーション
    ゼブラーマン


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。